[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

ショップ名とURLについて(もしチャレ知恵袋)
※もしチャレ知恵袋での相談を一部ご紹介します

Q:
実はショップ名のことで悩んでいます。
原因は「一商品を売る場合、商品名に関連するショップ名がよい」と、例えば「通販羽根布団ストア」のショップ名で、羽根布団を販売すると言うことですよね。でもこのような方法で行くと複数の商品を扱っていく中でたくさんのショップ名ができてしまい、且つ統合した「○○○ショップ」のトップページの店名と違うリンクになることは違和感があるのですが、どのように考えればいいのでしょうか?
又ページの最後にあるサイト運営者との整合性はどう考えればいいのでしょうか?

URLの件でも悩んでいます、できすぎくんでアップロードする場合無料のFc2ですることを薦めていますが、ある講師の方の話の中で、fc2はアドワーズでは排除されるとの記述がありました。そうなると先を考える上で有料のサーバーを使用した方がよいのか迷ってしまいます。この問題はPPC広告には無関係なんでしょうか?SEOの問題だけなんでしょうか
それと先々URLの変更をした場合どのようなデメリットが出てくるのでしょうか?


A:
◆ショップ名の件について

ご質問者さんはすでにご存知のようですが
知らない方もいらっしゃいますので、ショップ名について少し書きます。

ショップ名は、検索エンジンや被リンクを受ける際に重要です。
ショップ名ひとつで雲泥の差が出ます。

例えば、クロスレコメンド(有料のポータルサイト登録)に登録した場合、
サブタイトルは無視されます。

「布団」ショップだとしましたら
(1)布団通販の「快眠ショップ」
だった場合、「快眠ショップ」でリンクされてしまいます。

(2)「布団通販どっとこむ」
だったら「布団通販どっとこむ」でリンクされます。

後者の場合はSEO的に効果が高いですが
前者の場合は「快眠」というキーワードでこそ効果が出ますが肝心の「布団」では効果が出ません。

<a>タグで囲まれた文字は、選挙の「投票」と同じ意味です。
「布団」でリンクされていればいるほど、
検索エンジンは「あ、このサイトは布団のサイトなんだ」と認識します。

あとは内部SEO対策にも、タイトルタグは重要性が高いです。
だからショップ名にキーワードを入れると良いんですよね。


それましたが本題に入ります。

トップのキーワード対策はURL内にあるページにも内部にも大きく関係してきます。
例えば、そのサイトに「メディカル枕」という商品がある場合
そのページのタイトルタグは「メディカル枕/布団通販どっとこむ」という形になると思います。
ですが、これではキーワードが多すぎますよね。
「メディカル枕」「布団」「通販」「どっとこむ」
と、4つのキーワードが乱立する形になります。

ショップ名は、全ての意味で関連性のある「共通キーワード」が望ましいです。

「メディカル枕」の場合は「寝具」「通販」という共通項があります。
この場合は「寝具通販ストア」などのショップ名が望ましいと言えます。

このように、並べる商品を最初から考えた上でショップ名を考えないと
「コンセプトや統一性のないホームページ」と検索エンジン側から判断されてしまい
あまり良い結果にはなっていきません。

ちょっと、文字数が多くなってきましたので
「同じURLを使い続ける利点」に関しては、もう一度投稿しますね。



↓詳細はこちらをクリック↓
もしチャレ



>>もしチャレ知恵袋を使える!「もしもチャレンジ」はこちら


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

ドロップシッピングで2.5億円売り上げた ヒトミ先生が教えるネットショップ構築テクニック
第6回、第7回もしも選手権で総合優勝を飾った、もしもドロップシッピング ショップオーナー様 柿内ひとみさんがそのページ作成ノウハウを凝縮させた書籍を発刊されました。

「ドロップシッピングで2.5億円売り上げた ヒトミ先生が教えるネットショップ構築テクニック」
ドロップシッピングで2

早速、拝読させていただきましたところ、目からウロコが落ちるさすがという内容が詰まっていました。さらに、なんとこの書籍にはCD-ROMも付いていて、オリジナル特別WEB素材をゲットできます。

バナーだけではなく、簡単に超できすぎくんのショップをカスタマイズできるCSS、画像素材セットもついています。
一瞬で超できすぎくんで作成したショップが生まれ変わります。その変わりように驚きます。


さらに、巻末には、こんな商売繁盛のお札がついていました。
20100903000325.jpeg


コピーしてPCに貼れば商売繁盛!?とのことですので、早速。

PCのディスプレイに貼ってみました。
20100903000149.jpg


1400円で、この内容の書籍を手に入れられて、WEB素材もついて、超できすぎくんのカスタマイズもできる、というのは本当にお得です。

ページ作成で悩んでいる方はぜひ読んでみてくださいね!
おすすめです。

>> ドロップシッピングで2.5億円売り上げた ヒトミ先生が教えるネットショップ構築テクニック




⇒もしもドロップシッピングにログインする
⇒もしもアフィリエイトにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

SEO順位チェックツール「Ferret RC」でらくらくSEO管理ができる!
SEO順位チェックツール「Ferret RC」が、マーケティングポータルFerretPlusからリリースされました。
SEOの順位を簡単にチェックできるツールです。これがあればいちいち検索エンジンで自分で検索をして順位をチェックする必要がありません。

FerretRC

実際に試してみましたが、これはすごいです!

とても分かりやすく使い勝手が良く、ユーザーのために細かい部分までの配慮がされていて、しかも無料。
今までのSEO順位チェックツールの中でも群を抜いて素晴らしいのではないかと思います。

FerretPlusには、今までWEB上のみで3キーワードまでチェックできるツールがありました。
>> http://tool.ferret-plus.com/fptoollist/seocheck

この今までのツールの何倍も高機能化されています。

◎対象検索エンジンは、Yahoo!、Google、Bing、Yahoo!モバイル、Googleモバイル、と網羅されている
◎CSV出力も簡単にできるため、分析、知人とのデータ共有もしやすい
◎順位変化もただ追えるだけではなく、順位変化度が大きいものに絞り込んで追うこともできる
◎もちろん、処理を実行する時刻を設定すると自動でチェックする「指定時刻チェック機能」もついている

今まではSEO業者が自社で開発して社内でだけ使っていたようなツールを「無料」で使うことができます。


一通り使用させていただいたあとに「WEB上でもこの管理ができると、普段使っているPC以外からもチェックできて便利だなぁ」と思いました。
しかし、よくよく「Ferret RC」の説明ページを見てみると、この機能も「現在開発中」とのことです!

ピクチャ 2

至れり尽くせりです。

ぜひ使ってみることをおすすめします!
>>SEO順位チェックツール「Ferret RC」




⇒もしもドロップシッピングにログインする
⇒もしもアフィリエイトにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

Yahoo! JAPAN、Google提携実施までにネットショップがやらなければならないこと
Yahoo! JAPAN、Googleが検索エンジンにおいて、提携をすることを発表しました。
>>Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために
>>ヤフー株式会社がGoogleとの提携を正式発表【湯川】


今回の提携をまとめると、以下の2点になります。

===============
◎Yahoo!JAPANで検索した時の、通常の検索結果の裏側のシステムがGoogleになる
ーYahoo!JAPANと、Googleの通常の検索結果が同じものになる
ーただし、Yahoo知恵袋の表示、Yahooショッピングの表示などの検索結果の部分は今までと変わらないため、Yahoo!JAPANとGoogleの検索結果が完全に同じものにはならない

◎Yahoo!JAPANで検索した時の、広告表示の裏側のシステムがGoogle Adwordsになる
ーただし、入札などは従来通り個別にYahoo!リスティング広告管理画面、GoogleAdwords管理画面において行われる。
ーYahoo!JAPANと、Googleの広告表示は同じものにはならない
===============

そこで、このシステム連動が実装されるまでに、ドロップシッピングサイト運営者、アフィリエイトサイト運営者が行わなければならないことを考えてみます。

▼SEOにおいて

1)Yahooからの流入と、Googleからの流入のどちらがより大きいか確認する
検索需要自体が減るわけではないので、全体の需要は変わりません。
ただし、「Googleで上位表示ができていない、Yahooで上位表示できている」という状態にあるサイトは

2)GoogleでのSEOを強化するために、Google ウェブマスター セントラルのヘルプをじっくり読む
>>Google ウェブマスター セントラル ヘルプ

3)Googleへの最適化を実施していく


▼広告において

Google Adwordsにはアフィリエイトサイト、ドロップシッピングサイトの広告出稿がしにくいという現状です。
・品質スコアが低くなりやすい
・Google Adwordsではサイト運営者個人名、サイト運営者個人連絡先を明記しないといけない

これはYahoo!リスティング広告へ、Google Adwordsのシステム(裏側)が導入されたあとも継続する可能性があります。もしもでは、この問題への調査と対策を行っていく予定です。

また、Yahooリスティング広告、Google Adwordsにはそれぞれ広告掲載審査において、クセが少しずつあるため、そのクセも身を持って体験しておくと良さそうです。


Yahoo! JAPANのIRとして、PDF資料も配布されていました。
>>Yahoo! JAPAN の検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPAN からグーグルへのデータ提供について (2010/7/27)
>>よくあるご質問: Yahoo! JAPANの検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPANからグーグルへのデータ提供について (2010/7/27)


イラスト入りで分かりやすく解説されていましたので、こちらも確認をしてみると良さそうです。


※誤りがないよう書いていますが、もし誤りがあったらコメント欄でご指摘いただけると助かります。




⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

もしもチャンネル第二回放送は「選手権 途中経過一部発表!穴場になっている賞はここだ!」
もしもチャンネル第二回放送は「選手権 途中経過一部発表!穴場になっている賞はここだ!」です。
>> もしもチャンネル

第一回目放送はこちら






⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。