[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

集客はできてますか?
どうすれば集客できるのかを悩んでいる方が多いと思います。

大きく分けて、集客手段として、
◯検索連動型広告
◯SEO(検索エンジン最適化)
◯SMO(ソーシャルメディア最適化)
があります。

これらを組み合わせることによって、
大きな集客効果を見込むことができます。

↓初心者の方はまずはこちらから(参考になる外部サイトへ飛びます)
検索連動型広告とは?
SEOとは?
SMOとは?


検索連動型広告、SEO、どちらを行うにしても、
『キーワード選び』がポイントになります。

効率よく集客するためには、
購入見込み者がどんなキーワードで検索しているのかを知る必要があります。


例えば、
「正月は色々食べて、少し太っちゃったかも。。ダイエットしなきゃ。
 とりあえずダイエットに効くサプリメントないかな~」
と考えて、ネットで商品を検索しようとしている方はなんというキーワードで検索するでしょうか?

実際にキーワードを探してみます。


1、予測する
 まずは、キーワードを予測してみます。

「ダイエット サプリメント」
「ダイエット サプリメント 通販」
「ダイエット サプリメント 販売」
「ダイエット サプリメント ショップ」
「ダイエット サプリメント 激安」
「ダイエット サプリメント 格安」
「ダイエット サプリメント 安い」

 とりあえずこのくらいは検索キーワードを予測できるでしょう。


2、過去になんと検索されているのかを調べる
 ツールを使って、過去に検索されているキーワードを調べます。
 今回はフェレットというツールを使います。
 >>http://jp-ferret.com

 フェレットで「ダイエット」や、「サプリメント」、「ダイエット サプリメント」と
 検索すると、実際に過去に検索された複合キーワードが出てきます。

「 ダイエット サプリメント ランキング」
「ダイエット サプリメント 口コミ」
「痩せる サプリメント」
「ダイエット サプリメント 効果」
「プロテイン ダイエット」
     ・
     ・
     ・
     ・

 ※フェレットを使うことで、「ダイエット 食品」などとも
  検索されていることを知ることができましたが、
  今回は『ダイエットに効くサプリメントを買おうと思っている方』を
  ターゲットとしているため、
  このキーワードでは、ターゲットとずれが出てしまいます。
  「ダイエット 食品」と検索している方は『サプリメント』ではなく、
  『食品』を探している方が多いと考えられるからです。


これで、キーワ-ドがいくつか集まったことだと思います。

この集まったキーワードの中から、
購入意欲が特に高い方が検索しているキーワードだと予測できるものを抜き出します。

「ダイエット サプリメント 効果」と検索している方はダイエットサプリメントの効果を知りたいのであって、
買いたい方ではありません(多少は買いたい方も含まれていますが)から、使いません。

「ダイエット サプリメント 通販」と検索している方はダイエットサプリメントを買う気がありそうですので、使います。


このように購入意欲が高そうか、低そうかを予測し、
購入意欲の高そうなキーワードのみを抽出し、
検索連動型広告へ出稿、SEOを行います。


購入意欲が高い見込み顧客をいかに多く集めることができるかが、
集客のポイントになります。


「アクセスはあるけど、売れない」という方は自分のキーワードを見直してみて下さい。
『購入意欲の高い見込み顧客を集めること』はできていますか?


【今日の一言】
まずは自分で試してみること

なにをやるにも、自分で体験してみないとわかりません。
検索連動型広告も、SEOもまずは自分で実践してみましょう。


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moshimodaigaku.blog18.fc2.com/tb.php/9-d533ab23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。