[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

購買を決めるメディア、男性「ネット」で女性は「テレビ」
モノはどのように買われるのでしょうか?
一般的に言われている「衝動買い」とは具体的にどんな状況なのでしょうか?

購買を決める要素をアンケートした記事がありました。


≪調査結果サマリー≫
商品に興味を持つメディアとして、男性ではインターネット(PC)が78.1%、女性ではテレビが79.4%

今回の調査対象は、16歳~59歳までの男女500人。男女比は50対50の均等割り付けを行なった。


どの位の頻度でPCのオンラインショッピングを利用しているか尋ねたところ、男女ともに「月に1回程度」が最も多い結果になった。

男女別に見た場合、男女で大きな違いは見られなかったが、女性で月1回以上購入しているユーザーは64.8%、男性で月1回以上購入しているユーザーは61.2%おり、やや女性の方がオンラインショッピングにアクティブであると考えられる。

 しかし、男性・女性双方のユーザーの結果に大きな違いはないことから、男性ユーザーも日常的にオンラインショッピングを利用していると言えるのではないだろうか。


商品に興味を持つ際に、参考にするものは何か尋ねたところ、女性では「テレビ」が79.4%と最も多く、次いで「インターネット(PC)」が73.5%となり、男性では「インターネット(PC)」が76.1%と最も多く、次いで「テレビ」が71.7%となった。

男女で大きな差が出たのは「カタログ」で、女性の53.4%が利用しているのに対して、男性では28.3%と低い結果になっている。

これは、カタログ通販サイトで女性向けの大手サイトが、ニッセンやセシール、ディノス、ベルーナ、住商オットーと多数あるのに対し、男性向けではショップジャパンなど少数であることが要因ではないだろうか。

さらに、友人・知人からの口コミにより商品に興味を持つユーザーが女性では46.2%、男性では34.2%となっており、女性の方が友人・知人やチラシなど、身近な場面で意欲を高めやすいと言えるだろう。


商品の情報収集をする際に、参考にするものを尋ねたところ、男女ともに「インターネット(PC)」が多く90%前後にのぼる結果になった。
(※今回の調査がPCにおけるインターネットユーザーを対象にしたリサーチであることを考慮する必要がある)

男性は主にインターネット(PC)や実店舗を中心に情報収集をしているが、女性はそれら以外にカタログや友人・知人からの情報を活用しており、女性の方が男性よりもショッピングのモチベーションが高く、広い人的情報収集のネットワークを持っているということがいえるだろう。

引用元 CNET Japan



このアンケート結果を参考に購買を決める要素を考えてみます。
まず、具体的な状況を考えてみると一例として下記のような行動が考えられます。


◯友人・知人から情報を得る
 友人A子「この間買った『スキンケアもしも』良かったよ~。肌がつるつるになったし。今度からこっちに乗り換えるかも。使ってみなよ~。」
 自分 「へ~、そうなんだ。『スキンケアもしも』か~。」

◯テレビで情報を得る
 朝の情報番組「今オススメのアイテムはこれ!『スキンケアもしも』」
 自分「あ、この間A子が良いって言ってたモノだ。一回くらい使ってみてもいいかな。」

◯検索する
 自分「近くのお店では見たことない商品だし、ネットで探してみよう。え~と、商品名はなんだっけ。」
 (『スキンケア もしも』で検索)

◯検索結果を見る
 (『スキンケアもしも』という言葉を含むショップがたくさん表示される)
 自分「たくさん出てきた。とりあえずこの『スキンケアもしも通販 3,980円』って書かれてるショップを見てみよ~。」

◯ショップにアクセスする
 自分「説明文読んでみたら、自分にも合ってそうだし、買ってみよう。テレビでも紹介されてたし、A子も良い商品だって言ってたし、買って損はしないよね。」
 (買う)


この場合、購買を決める要素は
・流行商品を取り扱う(流行してしまうと競合が一気に増えるので、流行直前くらいの商品がベスト)
・出稿キーワード、広告文を工夫し、サイトにアクセスしてもらう
・最後の「購入確定」ボタンを押すまで、購入意欲を持続してもらう
となります。

この他にも、お客様がモノを買うパターンはたくさんあります。


具体的にお客様の行動を想像してみると、
自分のショップの問題点に気づくことができます。

10分くらいで出来るので、
頭で想像するだけではなく、文章で書いたり、絵で描いたりするようにしましょう。
目に見える形にした方が、はるかに効果が高いです。


【今日の一言】
 モノを買うのは人

私はずっとパソコンに向かってショップを運営していると、
モノが勝手に売れてくような感覚に陥ります。
ドロップシッピングだと、お客様対応をする必要もないので特にそうです。

実際には、向こう側には人がいて、ショップにアクセスしていただいて、
説明文を読んでいただいて、「カートに入れる」ボタンを押していただいて、
配送先を入力して、「購入確定」ボタンを押していただいているのですが。

常に感謝の気持ちを忘れずに、お客様に喜んでもらえるように
ショップを運営していくことが、ショップの成長にも繋がるんだなと思います。


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/07 03:24】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moshimodaigaku.blog18.fc2.com/tb.php/4-b1f8b24f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。