[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

ドロップシッピングで"売る"ための5つの基礎(その2)

【ドロップシッピングで"売る"ための5つの基礎】

◯ 『売上』= 『商品力』×『集客力』+『コンテンツ力』

◯ 作業時間配分は『商品選定40%、集客40%、コンテンツ作成20%』
  (自分の作業時間を合計100%とした場合)

◯ 半年から1年間は大きく売り上げるための準備期間

◯ 時間、広告費の先行投資

◯ 常にアンテナを張る



今回は
◯ 作業時間配分は『商品選定40%、集客40%、コンテンツ作成20%』
  (自分の作業時間を合計100%とした場合)
についてです。

売上は『商品力』と『集客力』と『コンテンツ力』から出来ていることは
前回の記事で書きました。

では、それぞれどのくらい頑張れば良いのでしょうか?
頑張るところを間違えると、売上は立ちません。


まず、自分の作業時間を考えてみて下さい。

『商品選定20%、集客20%、コンテンツ作成60%』

このように、もしくはこれに近い比率になっていませんか?


正しい時間配分は下記の通りです。

『商品選定40%、集客40%、コンテンツ作成20%』


コンテンツ作成は商品選定、集客に比べて、
目に見える形で作業が進んでいくので、とっつきやすい作業です。

しかし、本当に大事なところは商品選定と集客にあります。
良い商品があって、お客様がいて、初めてコンテンツが生きてきます。

砂漠の真ん中で、グッチのバッグを売ろうとしても売れるはずがありません。
内装に気を利かせた店を作り、お店に入ってきたお客様に笑顔で対応したとしても!
(お客様がお店に入ってくること自体奇跡に近い気がしますが)

上の砂漠の例だと、商品選定も出来ていないし、集客も出来ていません。
しかし、コンテンツは頑張っています。


売れる商品を、売れる場所で、売る必要があります。

では、どうやって「売れる商品」「売れる場所」を探せばよいのでしょうか?
実はインターネットで「売れる商品」「売れる場所」を探すことは誰でも出来ます。

『キーワード需要』から「売れる商品」「売れる場所」を探します。


インターネットで買い物をしたいとき、情報を調べたいときは
検索エンジンで検索することが一般的です。

私は毎月水をまとめ買いしています。
「2リットル×6本」の水を2箱とかをスーパーなどで買っても
持ち帰るのはかなり大変です。

そこで、インターネットで買っています。
私の場合、ほぼ買う商品は決まっているので、
「コントレックス(商品名)」と検索し、出てきたネットショップで買います。

人によっては、
「水 通販」「ミネラルウォーター まとめ買い」「コントレックス 通販 激安」
などと検索する人もいるでしょう。

つまり、この検索されたキーワードの需要を知ることが出来れば、
売れる商品、売れる場所がわかります。

「コントレックス」と多くの人に検索されていれば、コントレックスは売れる商品です。
売れる場所は「水 通販」や「ミネラルウォーター まとめ買い」と検索された
検索結果になります。


『商品選定(売れる商品)』『集客(売れる場所)』が出来た上で
『コンテンツ作成』に力を入れることが大切です。

まずはひたすら「売れる商品」と「売れる場所」を探しましょう。


そこで役に立つのがキーワードアドバイスツールです。

キーワードアドバイスツールを使うと、どんなキーワードがどのくらい検索されているのかを知ることができます。

使い方は簡単です。需要が知りたいキーワードを入力するだけです。
まずは、使ってみましょう。



【今日の一言】
 キーワードアドバイスツールは2007年4月で更新が止まっているが、
 キーワード需要を探す目安にはなる

>>キーワードアドバイスツール


【今日の一言おまけ】
 キーワードアドバイスツールは最近重くて使いづらいという方は、
 フェレットを使ってみて下さい。

 キーワードアドバイスツールを元に算出された予測数値を見ることができます。

>>フェレット


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moshimodaigaku.blog18.fc2.com/tb.php/3-fc6a0757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。