[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

「キーワード需要」がない商品は売れない
「売れる」=「キーワード需要がある」

このことはもうご存知ですよね。

>>なんのことか分からない方はこちら


商品の良し悪しで商品が売れるのではなく、
キーワード需要があるかないかで売れるか売れないかが決まります。

※もちろん「商品が良い」→「キーワード需要が出来る」という流れはあります。


今回は、「キーワード需要」をどうやって把握すれば良いのかを解説します。
流れは下記の通りとなります。

(1)新着商品をチェックする
 ↓
(2)フェレットプラスでどんな「キーワード」で検索されているのかを知る
 ↓
(3)フェレットプラス、グーグルキーワードツール、オーバーチュアで「キーワード需要」を知る
 ↓
(4)楽天、オークファン、テレビ、雑誌で商品の流行を再確認する


それでは、それぞれ詳しくみていきます。


(1)新着商品をチェックする

どの商品を取り扱えばいいのか分からない場合、まずは新着商品を取り扱うようにしましょう。

新着商品には、このようなメリットがあります。
・競合が少ない
・その時節にあった商品(バイヤーが時節、流行を考え、仕入れているため)



(2)フェレットプラスでどんな「キーワード」で検索されているのかを知る

フェレットプラスの「Yahoo関連語」を使い、どんな「キーワード」で検索されているのかを知ります。

例えば、『ダイエットサプリメント』と入力すると、これに関連して検索されているキーワードとして、
『ダイエットサプリメント』
『ダイエットサプリメント ランキング』
『激やせ ダイエットサプリメント』
『ダイエットサプリメント 口コミ』
『ダイエットサプリメント 効果』
などと表示されます。

これにより、実際にどんなキーワードで検索されているのかを知ることができます。

ピクチャ 1



続けて、フェレットプラスの「Ferret関連語」を使います。
ここで、『ダイエットサプリメント』と入力すると、
『ダイエットサプリメント』
『ダイエットサプリメント 口コミ』
『ダイエットサプリメント 効果』
『ダイエットサプリメント 通販』
『効く ダイエットサプリメント』
などと表示されます。
さらにこちらでは「月間検索回数」としてキーワード需要が表示されます。

※無料会員登録をする必要があります。会員登録していない場合、機能が制限されます。

ピクチャ 2



ここで、「Yahoo関連語」と「Ferret関連語」では表示されるキーワードが違うことに気がつきます。

「Yahoo関連語」では、実際に最近検索されているキーワードを表示しているのに対し、
「Ferret関連語」では、2007年4月に検索されていたキーワードを元に、少し調整が加えられたキーワードが表示されています。

「Yahoo関連語」
・最近検索されているキーワード
・月間検索回数は表示されない

「Ferret関連語」
・2007年4月に検索されていたキーワード
・月間検索回数も表示される(2007年4月時点のものが基準になっている)


したがって、どんな「キーワード」で検索されているのかを「Yahoo関連語」で把握し、だいたいの検索規模を「Ferret関連語」で把握するという使い方がベストの使い方です。



(3)フェレットプラス、グーグルキーワードツール、オーバーチュアで「キーワード需要」を知る

ここまででだいたいの「キーワード需要」を把握することが出来ました。
さらに、精度を向上させるために、グーグルキーワードツール、オーバーチュアを使います。

まず、グーグルキーワードツールです。
グーグルキーワードツールは、つい先日2008年7月初旬より検索回数が表示されるようになりました。
これにより、グーグルでの検索回数を知ることが出来ますが、精度があまりよくありません。

次にオーバーチュアですが、こちらはオーバーチュアの管理画面の中でのみ見ることができますが、他の2つに比べて精度、最新度ともに高いと予測できます。


これらを併用することで、「キーワード需要」を知る精度を高めることが出来ます。

「Ferret関連語」
>>http://ferret-plus.com/fkwsearch.php
・2007年4月に検索されていたキーワード
・月間検索回数も表示される(2007年4月時点のものが基準になっている)

「キーワードツール」
>> https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal
・最新のキーワード
・月間検索回数も表示される(ただし、精度がいまいち[2008年7月現在])

「オーバーチュア」
>>http://www.overture.co.jp/
・最新のキーワード
・月間検索回数も表示される



(4)楽天、オークファン、テレビ、雑誌で商品の流行を再確認する

最後に数字だけではなく、実際に世間でどれくらい認知度がありそうなのか、なんというキーワードで検索されていそうかを確認するために、下記のようなサイト、媒体で需要を調べます。

これは「キーワード需要」というよりは、「商品自体の需要」を再確認するためです。

楽天ランキング
http://event.rakuten.co.jp/ranking/

オークファン
http://aucfan.com/


しつこいようですが、
「売れる」=「キーワード需要がある」
です。

キーワード需要がなければ、つまり、検索されていないのであれば、その商品は売れません。

「自分の周りでその商品を知ってる知人がいたから」というだけではなく、「キーワード需要」があるのかないのかをしっかりと見極めましょう!



⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/09/17 14:05】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/12/03 18:33】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moshimodaigaku.blog18.fc2.com/tb.php/23-3433bb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「キーワード需要」がない商品は売れない

「売れる」=「キーワード需要がある」このことはもうご存知ですよね。>>なんのことか分からない方はこちら商品の良し悪しで商品が売れるので... ふらり ふらり と お気楽三昧 【お得ネットショッピング&ブログ】【2009/04/21 13:40】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。