[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

商品説明文は本当にページに必要? 商品写真は本当にページに必要?

お客様はページのコンテンツを読んでいません。
お客様はページのコンテンツを見ています。

これは「もしも大学」の竹内謙礼学長が口を酸っぱくしておっしゃっていることですが、
裏付けるデータがあったので引用します。


要約:
月並みなウェブページの場合、平均的アクセス中にユーザが読むテキストの量は多くても全体の28%にすぎないという分析結果が出た。より現実的には、20%程度とみられる。

--省略---

平均的な状況では、111ワード以下のページに限っては、ユーザが半分は情報を読んでいることになる。

データ全体に目を向けると、平均的なページには593ワードのテキストが含まれていた。したがってこれまた平均すると、もしユーザがテキストを読むことだけに専念するなら、全体の28%を読む時間はあることになる。もっと現実的に見れば、ユーザが普通のページで読むのはテキスト全体の20%程度と言えそうだ。

引用元 Jakob Nielsen博士のAlertbox


引用元のページではグラフ入りで分かりやすく表示されていたので、ぜひ読んでみて下さい。
>> Jakob Nielsen博士のAlertbox


では、ネットショップの場合はどうすればいいのでしょうか。
文章はなくしてしまっていいのでしょうか。全て商品写真だけにすればいいのでしょうか。


考えてみます。

※ここでは"お客様は商品説明文を読むのか"ということを考えてみます。
 商品説明文以外の文章はここでは置いておきます。


ネットショップのお客様は下記の3種類に分けることができます。

【パターン1】
「はじめから(ショップにアクセスする前から)買うモノが商品名レベルで決まっているお客様」
  例:(「商品A」がテレビで紹介された)
     ⇒"お、この「商品A」欲しい!どこかで売ってるかな~"
       ⇒「商品A」と検索
         ⇒ショップにアクセス
           ⇒購入

【パターン2】
「はじめから(ショップにアクセスする前から)買うモノがジャンルレベルで決まっているお客様」
  例:"夏だしダイエットをしたいな~。よし、ダイエット器具を買おう!"
     ⇒「ダイエット 器具」と検索
       ⇒ショップにアクセス
         ⇒購入

【パターン3】
「ショップにアクセスしてから、買うモノを決めているお客様」
  例:"ヒマだな。「ショップZ」には何か良いの入ったかな~"
     ⇒ショップにアクセス
       ⇒商品を物色
         ⇒購入


ほとんどの場合、現在のドロップシッピングのお客様は【パターン1】【パターン2】です。

【パターン3】は「そのショップに行けば何かあるだろう」「いつも買っているショップだから」と、そのショップのファンになっています。お客様をファン化させることができているショップはまだ多くはありません。

したがって、【パターン3】はここでは置いておきます。


【パターン1】について考えてみます。
「はじめから(ショップにアクセスする前から)買うモノが商品名レベルで決まっているお客様」

商品レベルで買いたいモノが決まっている場合、
その商品のイメージはお客様の頭の中にあるはずです。

このお客様が商品説明を読む理由は下記の通りです。
・自分の頭の中にあるイメージと、目の前の画面に表示されているモノが一致しているかを確認したい
・さらに詳しいスペック(サイズ、色、成分など)を知りたい


【パターン2】について考えてみます。
「はじめから(ショップにアクセスする前から)買うモノがジャンルレベルで決まっているお客様」

ジャンルレベルで買いたいモノが決まっている場合、
なんとなくの商品イメージはあるものの、固まってはいません。

このお客様が商品説明を読む理由は下記の通りです。
・自分の購買欲/使いたい欲(食べたい欲)を、目の前の画面に表示されているモノが満たしてくれるかを確認したい
・詳しいスペック(サイズ、色、成分など)を知りたい



ネットショップのお客様は「お金を払って」モノを買います。
したがって、少しでも得をするように、少しでも損をしないように情報を求めます。

その情報は上記にあげた理由を解決するために求めます。
この情報を"伝えること"は必要不可欠です。



では、結局どうすればいいのでしょうか。



答えは
「読まなくても、見ただけで情報が伝わるようにページを作る」
です。


最初の「文章は必要か」という疑問と、答えがずれますが、
ここはずれていて正解です。

「文章は必要か」という疑問自体がおかしいからです。


「基本的にページを読まない、見る」というお客様の傾向を元に、
「どうやって情報を伝えて、購入まで至ってもらえばいいか」を疑問にすることが正解です。

その答えが上で示したことです。


「読まなくても、見ただけで情報が伝わるようにページを作る」という答えを実行する
具体例を簡単に出します。

・商品写真を多く使う
・伝えるべきポイントは大きな文字で書き、パッと見で頭に入るようにする
・商品使用イメージ図を使う

これらを実行することで、
「読まなくても、見ただけで情報が伝わるようにページを作る」
ことが出来ます。


もちろん上記以外にもいくらでも工夫できます。

やりたいことは、
「読まなくても、見ただけで情報が伝わるようにページを作る」
ことで、
「その実現方法として何をするのか」
ということを考えながら、自分のショップのページ構成を見直してみましょう。

修正点が1つも出てこないということはあり得ないはずです。



【今日の一言】
6月から『第四回もしもドロップシッピング選手権』が始まります!

賞金を手に入れるために、必然的に売上に敏感になると思うので、
自分自身レベルアップするチャンスです!

・今の課題は何か
・それを解決すると、いくら売上があがるのか
・それはどうすれば解決出来るのか
・自分のショップ理想像はどのようなショップか
と、"本気"で考えてみて下さい。

結果はついてきますし、自分自身のスキルもノウハウもレベルアップできます。


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moshimodaigaku.blog18.fc2.com/tb.php/21-5fe517a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。