[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

売れるキャッチコピーを作るための4つの法則
先日、もしもドロップシッピングの新機能「できすぎくん」がリリースされました。
簡単にページが作れる反面、
キャッチコピー作りで悩まれている方もいらっしゃるのではと思います。


効果的なキャッチコピーを作るためには、
4つの法則があります。


【売れるキャッチコピーを作るための4つの法則】

●「広告のキャッチコピーと、ページ内のキャッチコピーは完全に別もの」
●「強い言葉で押す」
●「数字を入れる」
●「具体的なイメージを持たせる/生活の中に入り込む」




●「広告のキャッチコピーと、ページ内のキャッチコピーは完全に別もの」






広告のキャッチコピー例
PPCのキャッチ例
ページ内のキャッチコピー例
ページのキャッチ例

広告のキャッチコピーとページ内のキャッチコピーは役割が異なります。
混同しないようにしましょう。


広告のキャッチコピーの目的は、
「購入意欲の高い方にアクセスしてもらう」ことです。

商品の特性をしっかりと伝え、お得感をだすことが、
広告のキャッチコピーで書くべきことです。

それにより、購入意欲の高い方を集め、購入意欲の低い方を排除することができます。
最終ゴールは「購入」なので、購入意欲の低い方にアクセスしてもらっても、
広告費の無駄となってしまいます。

購入意欲の低い方には「ここにはあなたの求める商品(情報)はありません」
購入意欲の高い方には「ここにあなたの求める商品(情報)があります」
ということを伝えることができるキャッチコピーを作りましょう。

また、広告のキャッチコピーは文字数が制限されているため、
伝えたいことを絞り込まなければなりません。

無理に文章にする必要はありません。
上記のように箇条書きのように書いたとしても、伝えたいことが伝われば良いのです。


ページ内のキャッチコピーの目的は、
「購入してもらう」ことです。

広告のキャッチコピーで既に購入意欲が高い方のみを集客できているはずなので、
ここでは、さらに購入意欲を煽り、
「この商品があなたの求めていたモノです」「この商品を買えばこんなにメリットがあります」
ということを伝える必要があります。

そのためには、商品の使用イメージを具体的にわかせる必要があります。
これについては後述します。



●「強い言葉で押す」


キャッチコピーの基本です。
言葉には「強い言葉」と「弱い言葉」があります。

例えば、
「安い」「強い」「便利」「豊富」「一番」
はそれぞれ
「激安」「最強」「二度と手放せない」「なんと100種類」「2008年 人気投票ナンバー1」
と強い言葉に置き換えることが出来ます。

「弱い言葉」を「強い言葉」に置き換えるだけでも印象はがらりと変わります。



●「数字を入れる」


具体的な数字を入れることで、信頼性が増し、さらに押しが強くなります。

例1)
「安い」
ということを押し出したいのであれば、まずは強い言葉に変換し、
「激安」
ここに具体的な数字を付け足して、
「激安75%オフ」

例2)
「便利」
ということを押し出したいのであれば、まずは強い言葉に変換し、
「二度と手放せない」
ここに具体的な数字を付け足して、
「100人中100人が『二度と手放せない』と回答」

※もちろん嘘は絶対にダメです。



●「具体的なイメージを持たせる/生活の中に入り込む」


キャッチコピーを効果的にするためには、
「具体的なイメージを持たせる/生活の中に入り込む」ことが重要です。

例えば、
「煙も吸い込んでくれる灰皿」があったとして、
これを生活の中に入れ込んで紹介するには、どうすればいいのでしょうか?


答えは簡単です。
その商品を実際に使用する際の状況を書けば良いのです。

商品は「使う」ために「買い」ます。

「使う」メリット、必要性が見えなければ、
購入まで至りません。

例)
「部屋の壁紙、ヤニで黄色くなってませんか?
 それ、引っ越しの時に10万円以上かかります。

 今すぐ対策をすれば、10万円かかるところを『2,980円』で解決できます。
 「煙も吸い込んでくれる灰皿(商品名)」

 気づいたら壁紙はもう手も付けられない状況に・・・なんてことになる前に。
 活性炭フィルターで煙をグングン吸い込む
 「煙も吸い込んでくれる灰皿(商品名)」」



どれも簡単に今すぐ対策できる方法です。
自分のキャッチコピー、商品説明文を見直してみましょう。


なにも考えずになんとなく作ってしまっていませんか?

それでは売れません。


そのキャッチコピーの目的はなんなのか、
お客様にどんな印象を与えるのか、
本当にそのキャッチコピーで伝わるか、

広告費を無駄にしないために、
「せっかくページを作ったのに売れない」なんてことにならないように、
今すぐキャッチコピーを見直しましょう。




そのキャッチコピーは目的を持って作られていますか?
強い言葉で作られていますか?数字は入っていますか?
そのキャッチコピーから、商品を使用する(買う)メリットは具体的にイメージできますか?




【今日の一言】
最初の1個が売れるまでが一番辛い

ドロップシッピングを始めて、
最初の1個が売れるまでが一番辛いです。

最初の1個が売れる前に辞めてしまう方が大半です。

しかし、ここで踏ん張ることができれば、
月10万円、100万円が見えてきます。

試行錯誤を繰り返し、踏ん張りましょう。

スポーツでも、ビジネスでも
基礎を固める時期が一番辛いのは当たり前です。


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moshimodaigaku.blog18.fc2.com/tb.php/12-fd43eeeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

売れるキャッチコピーを作るための4つの法則

もしもドロップシッピングの機能「できすぎくん」がリリースされています。簡単にページが作れる反面、キャッチコピー作りで悩まれている方... ドロップシッピング運営日記【2009/06/22 19:22】

最初の1個が売れるまでが一番辛い

今まさにそんな状態です。アクセスのないサイトの更新に孤独を感じ、モチベーションがかなり下がってます。このブログの更新もこのように空いてしまったし。 オーバーチュアに出稿するというのも3,000円という金額に二の足を踏んでます。 スタートアップパックには 1回飲 中年ニートのドロップシッピング事始め【2009/06/29 22:13】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。