[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

Yahoo! JAPAN、Google提携実施までにネットショップがやらなければならないこと
Yahoo! JAPAN、Googleが検索エンジンにおいて、提携をすることを発表しました。
>>Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために
>>ヤフー株式会社がGoogleとの提携を正式発表【湯川】


今回の提携をまとめると、以下の2点になります。

===============
◎Yahoo!JAPANで検索した時の、通常の検索結果の裏側のシステムがGoogleになる
ーYahoo!JAPANと、Googleの通常の検索結果が同じものになる
ーただし、Yahoo知恵袋の表示、Yahooショッピングの表示などの検索結果の部分は今までと変わらないため、Yahoo!JAPANとGoogleの検索結果が完全に同じものにはならない

◎Yahoo!JAPANで検索した時の、広告表示の裏側のシステムがGoogle Adwordsになる
ーただし、入札などは従来通り個別にYahoo!リスティング広告管理画面、GoogleAdwords管理画面において行われる。
ーYahoo!JAPANと、Googleの広告表示は同じものにはならない
===============

そこで、このシステム連動が実装されるまでに、ドロップシッピングサイト運営者、アフィリエイトサイト運営者が行わなければならないことを考えてみます。

▼SEOにおいて

1)Yahooからの流入と、Googleからの流入のどちらがより大きいか確認する
検索需要自体が減るわけではないので、全体の需要は変わりません。
ただし、「Googleで上位表示ができていない、Yahooで上位表示できている」という状態にあるサイトは

2)GoogleでのSEOを強化するために、Google ウェブマスター セントラルのヘルプをじっくり読む
>>Google ウェブマスター セントラル ヘルプ

3)Googleへの最適化を実施していく


▼広告において

Google Adwordsにはアフィリエイトサイト、ドロップシッピングサイトの広告出稿がしにくいという現状です。
・品質スコアが低くなりやすい
・Google Adwordsではサイト運営者個人名、サイト運営者個人連絡先を明記しないといけない

これはYahoo!リスティング広告へ、Google Adwordsのシステム(裏側)が導入されたあとも継続する可能性があります。もしもでは、この問題への調査と対策を行っていく予定です。

また、Yahooリスティング広告、Google Adwordsにはそれぞれ広告掲載審査において、クセが少しずつあるため、そのクセも身を持って体験しておくと良さそうです。


Yahoo! JAPANのIRとして、PDF資料も配布されていました。
>>Yahoo! JAPAN の検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPAN からグーグルへのデータ提供について (2010/7/27)
>>よくあるご質問: Yahoo! JAPANの検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配信システムの採用、ならびにYahoo! JAPANからグーグルへのデータ提供について (2010/7/27)


イラスト入りで分かりやすく解説されていましたので、こちらも確認をしてみると良さそうです。


※誤りがないよう書いていますが、もし誤りがあったらコメント欄でご指摘いただけると助かります。




⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


スポンサーサイト
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。