[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

成功するショップ、成功しないショップの時間の使い方
もしも大学や、その他セミナーなどでショップオーナー様とお話させていただく機会が月に数回以上あるのですが、そこで「成功するショップ」「成功しないショップ」の違いを感じます。

下記のAさん、Bさんでは、どちらが「成功するショップ」でしょうか?


<Aさん>

現在:
忙しいが、1日30分だけでもどうにか時間を取って、ショップ運営。
月に数回だけ数時間まとめて作業をする時間が取れる。

1年後:
さらに忙しくなったが、1日15分だけでもどうにか時間を取って、ショップ運営。
月に数回だけ数時間まとめて作業をする時間が取れる。

※1年間の総作業時間は約500時間


<Bさん>

現在:
少し時間に余裕があるので、週に何回も数時間まとめて作業をする時間が取れる。

1年後:
忙しいので、平日はほぼショップ運営はしない。
月に1回程度、ショップ運営の作業をする。

※1年間の総作業時間は約500時間



答えはもう分かるとは思いますが、「成功するショップ」は、Aさんです。

Aさんと、Bさんの1年間の総作業時間はあまり変わらないかもしれませんが、Aさんには成功する理由があります。

それは「お客様のニーズの変化に敏感に対応出来ること」です。


「たまに気が向いたら一気に作業をする」というスタンスを取っているBさんは、どうしてもその場限りの対応ばかりになってしまいます。作業をした日に"たまたま"人気の商品があって、それが売れることがあっても、その商品が売れなくなってしまったら、また売上はゼロに戻ります。

「毎日少しずつでも作業をする」というスタンスを取っているAさんは一昨日、昨日、今日の微妙な変化を感じ取ることが出来ます。その変化はサイトへのアクセス数かもしれませんし、キーワード広告のクリック数かもしれません。

お客様のニーズが変化すれば、微細ながらも必ず変化が生まれます。

それを感じ取り、取り扱う商品を変更したり、キーワードを変更したり、ページでオススメする商品を変更したりと、対応していくことで、「常にお客様の欲しい商品がある」という状態に近づけることが出来ます。


こう考えると、Aさんが成功することは至極当然です。


自分のペースで作業が出来るドロップシッピングですが、お客様の変化も感じ取りながら、運営しないと、1年後に大きな差が出来ることになります。


「敏感に変化に対応すること」が長く、大きく稼ぎ続けるコツです。


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


スポンサーサイト
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

4月シーズン先取りキーワード100
アユダンテ(キーワードハンターを提供している会社)が、4月にピークを迎えるキーワードを発表していました。

元記事:【アユダンテ】SEO・SEM対策 4月にピークを迎える検索キーワード 『4月シーズン先取りキーワード100』を発表!

キーワードから、いくつか売れる商品を考えてみました。


キーワード「東山動物園」「ゴールデンウイーク」など
・外に出かける
 ⇒お出かけ系グッズが売れる?

キーワード「書道セット」「歓迎会」など
・新入生(学校)、新入社員(会社)が出てくる
 ⇒新入生、新入社員向けの商品が売れる?

キーワード「メタボ検診」
・会社によってはメタボ検診がある
 ⇒男性向けダイエット商品、健康商品が売れる?

キーワード「ムダ毛処理」
・薄着になってくるので、ムダ毛が気になってくる
 ⇒ムダ毛処理商品が売れる?

キーワード「ウォーキング ダイエット」「自転車通勤」
・暖かくなってくるので、外を歩く人、自転車に乗る人が増える
 ⇒ウォーキング、自転車関連商品が売れる?

引用元:【アユダンテ】SEO・SEM対策 4月にピークを迎える検索キーワード 『4月シーズン先取りキーワード100』を発表!


「今、売り上げる」ことと、「数ヶ月後に売り上げる」こと、
この2つを平行して進めましょう!


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

オーバーチュア主催 全国9都市セミナー『Overture Day 2009』
オーバーチュアが全国9都市で無料セミナーを開催するようです。



対象は
「まだスポンサードサーチを利用されていない方」
「検索連動型広告を始めてみたいと思っているが、どうやって始めたらいいのかわからない方」
「弊社サービスを販売する代理店制度にご興味のある企業様」
です。

せっかくの無料セミナーなので、上記対象に当てはまる方は参加してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら
http://www.sendenkaigi.com/overtureday/




⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

稼いでいる方は上手なタイミングで逃げている
集客に「キーワード広告」を使うことは常套手段です。
市場で品薄で、人気の商品があったら、1秒でも早く出稿しましょう。

爆発的にヒットした商品は下記の流れで、"売りやすさ"が変化していくことが多いです。

1、商品に人気が出て、市場で品薄となる

お客様A「あの◯◯っていう商品欲しくて、この前探してみたんだけど見つからなかったんだよな~。でも、やっぱり気になるから、もう1回探してみようかな。」
―Yahoo!で「◯◯」と検索
―あなたの出稿した広告が表示される

お客様A「あれ、このショップって前表示されてたっけ?」

―お客様Aさんがあなたのショップにアクセス

お客様A「うわ、やった!見つけちゃった。無くなる前に今すぐ買っちゃおう!」


2、メーカーが売れ行きを考えて、在庫を大量に生産しはじめる

お客様B「あの◯◯っていう商品欲しいな~。探してみよう。」

―Yahoo!で「◯◯」と検索
―あなたの出稿した広告が表示される。多数のショップが◯◯が人気商品であることに気づき始めたため、競合も多い。

お客様B「お、色々ショップがあるな。とりあえず1つ見てみよう。」

―出稿されてる広告のうち、目にとまったショップにアクセス

お客様B「あ~、そうそう。これこれ。この商品が欲しかった。一応、他のショップも見てみて、安いところを探してみるか。」

―出稿されてる広告のうち、他のショップいくつかにアクセス

お客様B「う~ん、どのショップも値段は変わりないな。じゃ、もうこのショップで買っちゃおう。」

―出稿されてる広告のうち、とあるショップで購入

(競合ショップが多ければ多いほど、広告費は上がりやすくなり、しかも、自分のショップで購入していただける確率も低くなる)


3、◯◯の人気も落ち着き、市場に商品が余りはじめる

この段階まで進行すると、あとは月に数個ぽつぽつと売れるという状態になります。ただし、一度ヒットしたことがある人気商品はその後もぽつぽつと継続して売れ続ける傾向があります。流行に遅れて乗っかっていくお客様もいらっしゃるということです。
しかし、広告費が既にある程度高騰していることもあるので、この場合はSEOや、他の集客方法も併用することがベストだと言えます。


爆発的に人気が出る商品はこのような流れで、売れ行きが落ち着いていくことが多いです。
また、商品によって、この進行スピードは違います。

「1」の状態が1年続くような商品もありますし、1週間で人気が落ち着いてしまう商品もあります。これは、商品のメディアへの露出のしかたや、商品の特性、流行などにもよりますので、進行スピードは様々です。

※爆発的には売れないが、安定して売れるような商品(生活雑貨、毎シーズン買い替えるもの、など)は別です。


上手に稼ぐ1つの方法として、この「爆発的に人気が出る商品」に目をつける方法があります。
常日頃から、世間の流行、ネットで人気の商品を探し、見つけることが出来たら、1秒でも早く広告を出します。購入率(クリックした人に商品を買っていただじぇる確率)や、広告費の高騰を確認しながら、「2」の状態のとき、もしくは「3」の状態になる前にばっさりと広告出稿を止め、あとはまた次の商品を探します。

これで、大きな利益を手に入れることが出来ます。「爆発的に人気が出る商品」を探すことが一番大変ですが、これを安定して見つけることが出来れば、安定した大きな利益を手に入れることが出来ます。

利益を出す方法として、この他にも、「爆発的には売れないが、安定して売れるような商品」をたくさん売るという方法もありますし、どちらも併用することも有効です。

色々試して、ご自身に合った「利益を出す方法」を見つけてください!


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

Eコマース成功の条件
『楽天のベストショップ経営者が教える「Eコマース成功の条件」 Eコマース戦略研究所著』という本を読みました。


Eコマースでは外せない基本となる考え方から、集客ノウハウ、キャッチコピーノウハウ、ページ作成ノウハウなど、多岐に渡る内容が分かりやすく書かれています。
特にキャッチコピーのノウハウと、お客様の気持ちを徹底的に考え抜いて、それに合う戦略を取るという部分が分かりやすくて良かったです。具体的なノウハウも書かれていますが、考え方やお客様に向き合う姿勢が参考になります。

楽天のベストショップ経営者が教える「Eコマース成功の条件」 Eコマース戦略研究所著


【今日の一言】
あけましておめでとうございます!

2009年になりました。「もしもドロップシッピング」では、より分かりやすい、より売れるドロップシッピングサービスとなるために、2009年も商品の強化、様々な機能のリリース、物流の改善、ノウハウの提供強化などを行っていきます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します!


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。