[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

ドロップシッピングで"売る"ための5つの基礎(その1)
ドロップシッピングで"売る"ためには、
5つの基礎ノウハウをしっかりと抑える必要があります。

この5つをしっかりと抑えることができれば、誰でも利益を出すことができます。



【ドロップシッピングで"売る"ための5つの基礎】

◯ 『売上』= 『商品力』×『集客力』+『コンテンツ力』

◯ 作業時間配分は『商品選定40%、集客40%、コンテンツ作成20%』
  (自分の作業時間を合計100%とした場合)

◯ 半年から1年間は大きく売り上げるための準備期間

◯ 時間、広告費の先行投資

◯ 常にアンテナを張る



ここでは、
◯ 『売上』= 『商品力』×『集客力』+『コンテンツ力』
を解説します。

残りの4つについては次回以降で解説していきます。



◯ 『売上』= 『商品力』×『集客力』+『コンテンツ力』


ドロップシッピングでは、
商品を選び、ページを作り、集客することで、商品が売れます。

『商品力』『集客力』『コンテンツ力』
この3つをそれぞれレベルアップさせることが、
ドロップシッピングのすべてです。

それぞれレベルアップさせることで、
まだ売れたことがない方は売れるようになります。
売上が伸び悩んでいる方は、グングン伸ばすことができるようになります。

では、どうやってレベルアップすればよいのでしょうか?


まずは『商品力』とは何なのかを考えてみます。

『商品力』とは、その商品自体が持っている"売れる"能力です。
例えば、
「ビリーズブートキャンプ」と「特にこれといって特徴がないダイエット器具」
どちらが売れる商品でしょうか?

当たり前ですが、答えは前者です。
このように"売れる力"を持っている商品を
もしもドロップシッピングの商品約2万5千点(2007年11月末現在)の中から、
徹底的に探し出すことが重要です。


次に『集客力』についてです。

『集客』は、ショップに訪れる人の数を増やすことだけではありません。
購入意欲が高い人を集めることに注力する必要があります。

インターネット上には
「何かの情報を求めている方」
「何かの商品を買いたい方」
「なんとなく見ている方」
「コミュニケーションを取りたい方」
など、様々な方がいます。

その中で、もしあなたがグッチのバッグを販売しようとしているのであれば、
「グッチのバッグを買おうと考えている方」のみを集客しなければなりません。

間違えても、
「グッチのバッグの情報を求めている方」や
「グッチの財布を買おうと考えている方」を集客してしまっている状態には
ならないよう気をつけなければなりません。

オーバーチュア(検索連動型広告)などを利用し、
集客に広告費をかけているのであれば尚更です。

広告費をかけて、
「グッチのバッグの情報を求めている方」をいくら集めても、
売れません。

『集客力』をレベルアップさせるためには、
集客人数だけではなく、どんな人を集客するのか(しているのか)を
常に考える必要があります。


最後に『コンテンツ力』です。

『コンテンツ力』はページを作る力です。
『ページレイアウト』『キャッチコピー』『商品説明文』などを工夫する必要があります。


繰り返しになりますが、
"売れる商品"を選び、"購入意欲の高い方"を集客し、
"売れるページ"を作ることで、売上が立ちます。

ページは売るための最後のハードルです。
ただし、最初はそこまで完成度を高くする必要はありません。

ページの完成度があまり高くなくても、
『商品力』と『集客力』をレベルアップさせることができれば、
売れるようになります。

『コンテンツ力』は売上を増進させるためのカンフル剤です。

まずは『商品力』『集客力』をつけて、
さらに売上を伸ばすために『コンテンツ力』をつけていきましょう!



次回の記事では、【ドロップシッピングで"売る"ための5つの基礎】の
◯ 作業時間配分は『商品選定40%、集客40%、コンテンツ作成20%』
  (自分の作業時間を合計100%とした場合)
を解説します!



【今日の一言】
 スタートアップパックβ版はもうダウンロードしましたか?

↓まだの方はこちら↓
スタートアップパックβ版をダウンロードする


スポンサーサイト
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

年末商戦で売る方法!!
年末商戦もまっただ中、そろそろ12月に入ります。

この年末商戦は勝負です。
1年間の内、最も売れる時期です。


どのくらい年末商戦の効果で売れるのかをアンケートしたものがありました。


ウェブルート・ソフトウェアは11月27日、日本、米国、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスの6カ国で行った「オンラインショッピングとセキュリティに関する調査」の結果を発表した。

 調査結果によると、日本ではこの年末年始の買い物を約半数(47%)がオンラインで行う予定があると答えた。他5カ国でも、イギリスの94%、米国の 89%をはじめ、各国8割以上の数字を示した。インターネットで購入する商品については、本・CD(58.3%)、洋服(35.8%)、ソフトウェア(28.1%)の順に高い数値を示した。

引用元 CNET Japan



日本では、約半数の方がネットで買い物をする予定があると回答しています。


いつもは「必要なものしか絶対に買わない」ような方も、
「ボーナスも入ったし、ついでに買ってもいいか」という気持ちが働きます。

個人的な意見ですが、年末はなぜかワクワクします。
クリスマスもあるし、忘年会もあるし、年末年始休暇もあるし。
ほとんどの方にとって、いつもとは違う特別な時期なのではと思います。

「特別な時期だから、買ってもいいか」
という方が増える時期です。



この年末商戦では特に、「売れる商品」を探して、「売れるキーワード」でオーバーチュア(検索連動型広告)に出稿すれば、売れます。

まだオーバーチュアを使ったことがない方も一度チャレンジしてみましょう!

3,000円から広告出稿できます。
一度飲みに行くのを我慢すれば、出せる額です。
飲みに行くのを我慢して、新しいことを始めてみましょう。



【最新おすすめ商品】
最近急に寒くなってきたこともあり、「暖房器具」がよく売れています。
今すぐログインして、「暖房器具」を探してみて下さい↓
暖房器具が特に売れるのは、寒くなり始めた今の時期です!
⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


【今日の一言】
 「季節もの」商品は事前準備が命

「季節もの」商品はある程度予測できる(冬は暖房器具が売れる、春は引っ越しシーズンだから、新生活を始めるための商品が売れる、など)ので、
シーズン入りする前にページを完成させておくのがベストです。


twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。