[関連]渋谷で働く女子大生の
キーワード広告日記

[関連]もしもチャレンジ
通信教育講座

プロフィール

佐藤俊幸

Author:佐藤俊幸
もしも大学副学長

2006年8月
「もしもドロップシッピング」サービス開始
2007年2月
「もしも大学」開講
2007年5月
「もしも大学 特待生制度」開始
2009年2月
「もしもチャレンジ」通信講座 開始
2010年5月
「もしもアフィリエイト」サービス開始
2010年8月
「もしフェス」サービス開始
~現在に至る

もしもドロップシッピング
もしもアフィリエイト
もしも大学
ドロップシッピングコモンズ
もしフェス

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

RSSフィード

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

アフィチャレコミュニティサンプル



ドロップシッピングコモンズ
ドロップシッピングコモンズ
もしも大学からの売れるノウハウレター【もしもドロップシッピング公式ブログ】
【もしもドロップシッピング公式ブログ】 もしもドロップシッピングで"売る"ための最新情報、ノウハウをお届けします。
もしも大学からの売れるノウハウレター TOPへもしもドロップシッピングもしもアフィリエイト

☆ このブログが初めての方へ - サイトマップ -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

稼いでいる方は上手なタイミングで逃げている
集客に「キーワード広告」を使うことは常套手段です。
市場で品薄で、人気の商品があったら、1秒でも早く出稿しましょう。

爆発的にヒットした商品は下記の流れで、"売りやすさ"が変化していくことが多いです。

1、商品に人気が出て、市場で品薄となる

お客様A「あの◯◯っていう商品欲しくて、この前探してみたんだけど見つからなかったんだよな~。でも、やっぱり気になるから、もう1回探してみようかな。」
―Yahoo!で「◯◯」と検索
―あなたの出稿した広告が表示される

お客様A「あれ、このショップって前表示されてたっけ?」

―お客様Aさんがあなたのショップにアクセス

お客様A「うわ、やった!見つけちゃった。無くなる前に今すぐ買っちゃおう!」


2、メーカーが売れ行きを考えて、在庫を大量に生産しはじめる

お客様B「あの◯◯っていう商品欲しいな~。探してみよう。」

―Yahoo!で「◯◯」と検索
―あなたの出稿した広告が表示される。多数のショップが◯◯が人気商品であることに気づき始めたため、競合も多い。

お客様B「お、色々ショップがあるな。とりあえず1つ見てみよう。」

―出稿されてる広告のうち、目にとまったショップにアクセス

お客様B「あ~、そうそう。これこれ。この商品が欲しかった。一応、他のショップも見てみて、安いところを探してみるか。」

―出稿されてる広告のうち、他のショップいくつかにアクセス

お客様B「う~ん、どのショップも値段は変わりないな。じゃ、もうこのショップで買っちゃおう。」

―出稿されてる広告のうち、とあるショップで購入

(競合ショップが多ければ多いほど、広告費は上がりやすくなり、しかも、自分のショップで購入していただける確率も低くなる)


3、◯◯の人気も落ち着き、市場に商品が余りはじめる

この段階まで進行すると、あとは月に数個ぽつぽつと売れるという状態になります。ただし、一度ヒットしたことがある人気商品はその後もぽつぽつと継続して売れ続ける傾向があります。流行に遅れて乗っかっていくお客様もいらっしゃるということです。
しかし、広告費が既にある程度高騰していることもあるので、この場合はSEOや、他の集客方法も併用することがベストだと言えます。


爆発的に人気が出る商品はこのような流れで、売れ行きが落ち着いていくことが多いです。
また、商品によって、この進行スピードは違います。

「1」の状態が1年続くような商品もありますし、1週間で人気が落ち着いてしまう商品もあります。これは、商品のメディアへの露出のしかたや、商品の特性、流行などにもよりますので、進行スピードは様々です。

※爆発的には売れないが、安定して売れるような商品(生活雑貨、毎シーズン買い替えるもの、など)は別です。


上手に稼ぐ1つの方法として、この「爆発的に人気が出る商品」に目をつける方法があります。
常日頃から、世間の流行、ネットで人気の商品を探し、見つけることが出来たら、1秒でも早く広告を出します。購入率(クリックした人に商品を買っていただじぇる確率)や、広告費の高騰を確認しながら、「2」の状態のとき、もしくは「3」の状態になる前にばっさりと広告出稿を止め、あとはまた次の商品を探します。

これで、大きな利益を手に入れることが出来ます。「爆発的に人気が出る商品」を探すことが一番大変ですが、これを安定して見つけることが出来れば、安定した大きな利益を手に入れることが出来ます。

利益を出す方法として、この他にも、「爆発的には売れないが、安定して売れるような商品」をたくさん売るという方法もありますし、どちらも併用することも有効です。

色々試して、ご自身に合った「利益を出す方法」を見つけてください!


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング


スポンサーサイト
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

【集客】必ず知っておくべきキーワードの組み合わせ方法
オーバーチュアやアドワーズに広告出稿する際に、
どんなキーワードを組み合わせて、出稿するかが"売れるポイント"になることは
過去に解説しました。
>> http://moshimodaigaku.blog18.fc2.com/blog-category-3.html


今回は、キーワードの組み合わせ方について、
もう1段階深く入ったノウハウを解説します。



『バイオプロビデンス』というダイエットサプリメントを販売する際に、
「バイオプロビデンス 通販」
「バイオプロビデンス 販売」
「バイオプロビデンス ショップ」
などといったキーワードで集客することが、有効であることは分かってますよね。
(分からない方は過去の記事をご参照ください)


では、この
「(商品名) 通販」
「(商品名) 販売」
「(商品名) ショップ」
の「通販」「販売」「ショップ」といった組み合わせキーワードは、
どういう風に使うことがベストなのでしょうか?

「(商品名) 通販」のみで広告を出稿するべきなのか、
「(商品名) 通販」「(商品名) 販売」「(商品名) ショップ」など、
思いつく限り出稿するべきのか。


「とりあえず出してみればいいんじゃないの?」

これもありと言えば、ありです。
なぜなら、ほとんどの場合、
「(商品名) 通販」などのキーワードの検索数はそこまで多くないからです。

したがって、少しでも可能性が高そうなキーワードである
「(商品名) 通販」などのキーワードに思いつく限り広告を出すという
数打ちゃ当たる戦法も有効です。
(実際に数打ちゃ当たる戦法で月間売上数十万円を継続的に達成していらっしゃる方もいます。)



しかし、このノウハウを知っていれば、より効率的に集客できる可能性が高いです。


ノウハウはとても簡単です。
気づいている方は気づいていると思いますが、
気づいていない方は、「あ~、なるほど」と思っていただけると思います。


それでは、解説していきます。


■「(商品名) 通販」について

 「(商品名) 通販」とは、どんな方が、どんな思いで検索しているのでしょうか?
 
 実は、「(商品名) 通販」は、テレビ通販、カタログ通販などで紹介されている商品が
 特に検索されやすいのです。

 どういうことかというと、
 テレビ通販では、ファッション、化粧品、などが紹介されることが多いですよね。
 
 それにより、お客様の頭の中には「ファッション 販売」「化粧品 販売」ではなく、
 「ファッション 通販」「化粧品 通販」という言葉が刷り込まれていて、
 「ファッション 通販」「化粧品 通販」キーワードで検索しているのです。

 カタログ通販では、家具、ファッション、などが紹介されることが多いですよね。
 
 それにより、お客様の頭の中には「家具 販売」「ファッション 販売」ではなく、
 「家具 通販」「ファッション 通販」という言葉が刷り込まれていて、
 「家具 通販」「ファッション 通販」というキーワードで検索しているのです。



■「(商品名) 販売」について

 「(商品名) 販売」とは、どんな方が、どんな思いで検索しているのでしょうか?

 実は、「(商品名) 販売」は、趣味に関連する商品が特に検索されやすいのです。

 具体的に例をあげていくと、「ソフトウェア 販売」「釣具 販売」「ゲームソフト 販売」「ペット 販売」などです。



■「(商品名) ショップ」

 「(商品名) ショップ」とは、どんな方が、どんな思いで検索しているのでしょうか?

 「サッカー ショップ」「金券 ショップ」など、実店舗を探している方が多いです。
 ただし、こういった中にももちろんネッとショップを探している方も含まれます。

 「(商品名) ショップ」は検索数が少ないと予測できますので、
 広告費がいきなり多く発生する可能性は低いと言えます。
 数打ちゃ当たる戦法の場合は活用するべきでしょう。


■「(商品名) 専門店」

 「(商品名) 専門店」とは、どんな方が、どんな思いで検索しているのでしょうか?

 「ポルシェ 専門店」「ハーレー ダビッドソン バイク 専門店」「スクーター 専門店」などと、車、バイク系のブランドネーム(もしくはジャンル)で検索している方が多いです。

 したがって、この方たちの属性は
 ・実店舗を探している
 ・そのブランド車が欲しい
 方たちです。

 この組み合わせキーワードも前述の「ショップ」と同様に
 数打ちゃ当たる戦法の場合は活用するべきでしょう。


■「(商品名) 購入」
■「(商品名) 買う」
※「(商品名) 購入」と「(商品名) 買う」は同様の傾向があります。

 「(商品名) 購入」とは、どんな方が、どんな思いで検索しているのでしょうか?

 「自動車 購入」「マンション 購入」「本 購入」「ニンテンドーDS 購入」など、多岐に渡っています。

 「(ジャンル名) 購入」と検索している方は、購入を検討している方が多いので、あまり大きな効果は望めません。
 ※ジャンル名とは、「自動車」「マンション」など

 しかし、「ニンテンドーDS 購入」などと、「(商品名) 購入」というキーワードで検索している方は、購入意欲がとても高い方であると言えます。
 したがって、検索数が少なくても、「(商品名) 購入」というキーワードでは、広告を出しておくべきだと言えます。


■「(商品名) 注文」

 「(商品名) 注文」とは、どんな方が、どんな思いで検索しているのでしょうか?

 「注文 住宅」「注文 家具」「注文 建築」などと
 住宅系で検索している方が多いです。

 さらに、オーダーメイド系の注文を望んでいる方が多そうです。
 (※これは当ブログ筆者の感覚ですが)

 この組み合わせキーワードも前述の「ショップ」と同様に
 数打ちゃ当たる戦法の場合は活用するべきでしょう。



※注意点※
この分析はフェレットの結果を元に出しています。
例外のキーワードも多数あります。あくまで参考としてお読みください。

また、上記例で出したようなキーワード(「ファッション 販売」「化粧品 販売」など)は、競合が多いキーワードなので、このまま流用すると広告費がかさみます。

組み合わせキーワードを考える時に、
当ブログの内容をただ鵜呑みにして、組み合わせるのではなく、
『このダイエット商品はテレビ通販番組で紹介されているような商品だから、
 「(商品名) ダイエット 通販」と検索する人が多そうだ。』
というように、応用して活用しましょう!





ーーまとめーー


普段の生活の中でよく聞くから、
「ペット」には「ショップ」という組み合わせが、なんとなく落ち着く。
「ファッション」には「通販」という組み合わせが、なんとなく落ち着く。


このように固有名詞ではない組み合わせキーワードを選ぶ際には、
その方が無意識に使っているキーワードを選ぶ傾向があります。


今、みなさんが出稿しているキーワードはどうでしょうか?
無意識に選ばれるであろうキーワードで出稿できているでしょうか?

一度見直してみましょう。


もちろんそのキーワードが「購入意欲の高い方を集めることができる」ということは大前提です。いくら検索されやすいキーワードであっても、購入まで結びつかなければ意味がありません。
目的は「売る」ことです!




【今日の一言】

お客様の動作、頭の中を繰り返しシミュレーションすれば、
どうすれば売れるかが分かってくる


2月半ばに「ゲルマニウムスリムローラー」という商品が爆発的に売れました。
理由は某歌番組のなかで、芸能人がこの商品を紹介したからです。

番組を見たあとに商品を買おうと思って、検索している方は
何を考えていて、どんな順番で、何をして、購入まで至るのでしょうか?

考えていること
 「買って使ってみようかな。」
買うまでにすること
 1、「なんとなく頭の中で商品を覚えている」
 2、「いつもやっているようにPCを立ち上げ、Yahoo!の検索窓に「ゲルマニウム ローラー (芸能人名)」と打ち込む。」
 3、「検索結果に表示されたサイトに入る」
 4、「テレビで見た商品と全く同じ商品ではないようので、1度検索結果に戻って次のサイトへ入る」
 5、「テレビで見た商品と全く同じ商品のようなので、とりあえず値段を見る。」
 6、「そこまで高いと思わなかったので買う。」

このシミュレーションが出来れば、
・テレビが終わった瞬間、もしくは放映中にPPC広告に出した方が良い
・お客様が正確な商品名を覚えているとは限らないので、間違えそうな単語でもPPC広告に出す
・広告文、ページのキャッチコピーには、「(芸能人名)が歌番組で紹介した商品です」ということを書いた方が良い
etc......
といった打ち手をすることができます。


お客様の行動パターンは他にもたくさんあります。
思い出したように検索する方もいらっしゃいますし、
知人のクチコミで、商品名を聞いて検索する方もいらっしゃいますし、
知人のクチコミで、芸能人名と商品のなんとなくのイメージを聞いて検索する方もいらっしゃいます。

そういった方々にいかにアプローチしていくことが出来るかが、
チャンスをモノに出来るか出来ないかの違いになります。

繰り返し繰り返しシミュレーションしてみましょう!



⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

PPC広告出稿キーワードを増やす方法 - 具体的なノウハウ
前回の記事の続きです。
「組み合わせる単語」を具体的に紹介します。

「(商品名)+ 単語」
「(商品名)+ 単語 + 単語」
「(商品名)+ 単語 + 単語 + 単語」
のように複合キーワードを作り、購入意欲の高いお客様を効率的に集客しましょう。



【組み合わせる単語の一覧】

~基本~
例)「モデリート 通販」「モデリート 販売」
購入したいものがある方が検索しやすい単語です。

「通販」
「通信販売」
「ネット通販」
「販売」
「ネットショップ」
「買う」
「購入」


~価格~
例)「モデリート 激安」「モデリート 価格」
購入したいものがあり、特に安いものを求めている方が検索しやすい単語です。

「激安」
「格安」
「安い」
「安」
「価格」


~配送~
例)「モデリート 送料無料」「モデリート 配送」
購入したいものがあり、送料無料もしくは配送を求めている方が検索しやすい単語です。

「送料」
「送料無料」
「産地直送」
「配送」
「発送」

~量~
例)「モデリート 業務用」「モデリート セット」
購入したいものがあり、セットのものなど量の多いものを求めている方が検索しやすい単語です。

「業務用」
「卸」
「セット」




上記の単語をさらに応用して、
「モデリート 通販 送料無料」などとすることも有効です。

PPC広告への出稿キーワードをどんどん増やし、
購入意欲の高いお客様を自分のショップへ誘導しましょう。



特に、送料無料を求めているお客様が多いです。

8,000円以上の商品であれば、送料無料となるので、
8,000円以上の商品を取り扱う場合には必ず
「(商品名) 送料無料」
というキーワードでは出稿するようにしましょう!


しつこいですが、重要なのでもう一度言います。

他の「組み合わせる単語」も大切ですが、
8,000円以上の商品を取り扱う場合には必ず
「(商品名) 送料無料」
というキーワードでは必ず出稿するようにしましょう!

この組み合わせでよく売れています!


【今日の一言】
集中して作業することで、時間を節約できる

ドロップシッピングをやる時間はどのくらい取れていますか?
1日1時間? 3日おきに3時間くらい?

だらだらとやると、無駄に時間を使ってしまいます。
ドロップシッピングをやるときには、集中して時間を使いましょう。

「今日の20:00~23:00まではやる」と決めたら、
他のものは一切シャットアウトして、ドロップシッピングだけに集中しましょう。

耳栓をするのもオススメです。
余計なことを考えてしまう可能性があるものは、出来る限り視界に入らないようにしましょう。



⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

PPC広告出稿キーワードを増やす方法
PPC広告(オーバーチュア、グーグルアドワーズ)出稿していますか?


PPC広告を出稿するときに気をつけるべきポイントは3つです。
●「出稿キーワードの質と量」
●「広告文」
●「ランディングページ(着地ページ)の分かりやすさ」

どれも完全な正解があるものではないので、
悩まれている方も多いと思います。



●「出稿キーワードの質と量」について、
オーバーチュアの公式ブログで、分かりやすそうな記事が書かれていたので、
このブログでも、便乗してみます。


ちょっと本題に入る前に「出稿キーワードの質と量」の
『質』が何を指していて、『量』が何を指しているのかを解説しますね。


◯『出稿キーワードの質』

出稿キーワードの『質』とは、
「そのキーワードは、購入意欲が高い方を集めることが出来るキーワードか」ということです。

前回の記事でも少し書きましたが、
「ダイエット」と検索している人、「ダイエット 方法」と検索している人、
「ダイエット 通販」と検索している人では、そのキーワードに購入意欲が高い人がより多く含まれているか、ということです。

「ダイエット 通販」と検索している人の方が購入意欲が高いことは明らかです。

もっと突き詰めると、「ダイエット 通販」と検索している人よりも、「モデリート 通販」と商品名で検索している方の方が購入意欲は高いです。
(「モデリート」とは、ダイエットサプリメントの商品名です。)

簡単にまとめると、こんな感じです。
  ←購入意欲低い                     購入意欲高い→
「ダイエット」<「ダイエット 方法」<「ダイエット 通販」<「モデリート 通販」

そのキーワードで検索している人は、何を目的として検索しているのか、を考えれば、
自ずとキーワードは絞り込まれてくると思います。


◯『出稿キーワードの量』

出稿キーワードの『量』とは、
「購入意欲が高い方を集めることが出来るキーワードを増やす」とうことです。

出稿キーワードの『質』を考えて、
「ダイエット 通販」
「モデリート 通販」
などで出稿して満足してしまっていませんか?

本当に稼げるキーワードは、誰でも思いつくようなキーワードではありません。

ニッチなキーワードです。

欲しいものが具体的に決まっていて、それを検索で探そうとしているとき、、、、、
なんというキーワードで検索しますか?

「モデリート エクストラクラッシュ 通販 激安」
など、3単語、4単語で検索したりしませんか?

ここにPPC広告を出稿しない手はありません。

3単語、4単語のキーワードを視野に入れていくと、
きっといくらでもキーワードが思いつくはずです。

「モデリート エクストラクラッシュ 通販 激安」の月間検索回数が多いか、少ないかは関係ありません。

月間検索回数が少ない分を『量』でカバーするのです。



前置きが長くなってしまいました。
ここから本題です。

オーバーチュアの公式ブログで、『量』の具体的な増やし方について
解説した記事がありました。
 >>http://blog-online.overture.co.jp/200801/105/

かなり分かりやすく書いてあるので、必読です。


・・・・


読みましたか?

オーバーチュアの公式ブログに書いてある通り、
「軸となる単語」と「組み合わせる単語」を見つけることで、
キーワードは楽に増やせます。

「組み合わせる単語」を具体的に紹介しようと思ったのですが、
長くなってしまったので、次回にします。

「組み合わせる単語」には、どんなものがあるのかをご自身でも考えてみて下さい。



【今日の一言】
「出来てるつもり、知ってるつもり」が一番怖い


なんかしらの情報を得て、売れるようになる。
これはとても大事なことです。

しかし、これは裏を返せば、他人の力を借りているだけです。
それではいつまでもこの情報元の人を追い抜くことが出来ません。

一番売れるノウハウは自分自身で会得したノウハウです。

他人から聞いたノウハウは「知ってるつもり」になりがちです。


最初は売れるノウハウを知り、ただその通りに実践することが最重要です。

しかし、最終的には「どうすれば売れるのだろうか」と悩み、試行錯誤し、
自分自身で独自のノウハウを創り上げていくことが、自身の最大の強みになります。

結果的に、他人の言うノウハウと一緒だったとしても、
自分で創り上げることで、ノウハウの「本質」を見つけることが出来ます。


「本質」を知っているということは、かなり強いです。

今のショップオーナー様で、大きな売上を維持できている方々は
試行錯誤することで、「本質」を見つけた方々です。


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!

集客はできてますか?
どうすれば集客できるのかを悩んでいる方が多いと思います。

大きく分けて、集客手段として、
◯検索連動型広告
◯SEO(検索エンジン最適化)
◯SMO(ソーシャルメディア最適化)
があります。

これらを組み合わせることによって、
大きな集客効果を見込むことができます。

↓初心者の方はまずはこちらから(参考になる外部サイトへ飛びます)
検索連動型広告とは?
SEOとは?
SMOとは?


検索連動型広告、SEO、どちらを行うにしても、
『キーワード選び』がポイントになります。

効率よく集客するためには、
購入見込み者がどんなキーワードで検索しているのかを知る必要があります。


例えば、
「正月は色々食べて、少し太っちゃったかも。。ダイエットしなきゃ。
 とりあえずダイエットに効くサプリメントないかな~」
と考えて、ネットで商品を検索しようとしている方はなんというキーワードで検索するでしょうか?

実際にキーワードを探してみます。


1、予測する
 まずは、キーワードを予測してみます。

「ダイエット サプリメント」
「ダイエット サプリメント 通販」
「ダイエット サプリメント 販売」
「ダイエット サプリメント ショップ」
「ダイエット サプリメント 激安」
「ダイエット サプリメント 格安」
「ダイエット サプリメント 安い」

 とりあえずこのくらいは検索キーワードを予測できるでしょう。


2、過去になんと検索されているのかを調べる
 ツールを使って、過去に検索されているキーワードを調べます。
 今回はフェレットというツールを使います。
 >>http://jp-ferret.com

 フェレットで「ダイエット」や、「サプリメント」、「ダイエット サプリメント」と
 検索すると、実際に過去に検索された複合キーワードが出てきます。

「 ダイエット サプリメント ランキング」
「ダイエット サプリメント 口コミ」
「痩せる サプリメント」
「ダイエット サプリメント 効果」
「プロテイン ダイエット」
     ・
     ・
     ・
     ・

 ※フェレットを使うことで、「ダイエット 食品」などとも
  検索されていることを知ることができましたが、
  今回は『ダイエットに効くサプリメントを買おうと思っている方』を
  ターゲットとしているため、
  このキーワードでは、ターゲットとずれが出てしまいます。
  「ダイエット 食品」と検索している方は『サプリメント』ではなく、
  『食品』を探している方が多いと考えられるからです。


これで、キーワ-ドがいくつか集まったことだと思います。

この集まったキーワードの中から、
購入意欲が特に高い方が検索しているキーワードだと予測できるものを抜き出します。

「ダイエット サプリメント 効果」と検索している方はダイエットサプリメントの効果を知りたいのであって、
買いたい方ではありません(多少は買いたい方も含まれていますが)から、使いません。

「ダイエット サプリメント 通販」と検索している方はダイエットサプリメントを買う気がありそうですので、使います。


このように購入意欲が高そうか、低そうかを予測し、
購入意欲の高そうなキーワードのみを抽出し、
検索連動型広告へ出稿、SEOを行います。


購入意欲が高い見込み顧客をいかに多く集めることができるかが、
集客のポイントになります。


「アクセスはあるけど、売れない」という方は自分のキーワードを見直してみて下さい。
『購入意欲の高い見込み顧客を集めること』はできていますか?


【今日の一言】
まずは自分で試してみること

なにをやるにも、自分で体験してみないとわかりません。
検索連動型広告も、SEOもまずは自分で実践してみましょう。


⇒もしもドロップシッピングにログインする

↓まだ無料会員登録がお済みでない方はこちらから↓
もしもドロップシッピング
twitter moshimodaigaku
Twitterで最新情報をつぶやいています。フォローミー!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。